ニンニクの効果は?1日の摂取量はどれくらい?

成分

ニンニクの効果は?1日の摂取量はどれくらい?

疲れがたまって元気を出したい時にニンニクを摂取する事がありますが、なぜなんでしょうか?

男性の強壮剤にもよく使われていますよね。

ニンニクにはどんな成分があって、どんな効果があるのかを見ていきましょう!

ニンニクとは?

ニンニクは60%以上が水分で、主要な成分は30%含まれる炭水化物です。100g当たりのエネルギーは138kcalと野菜にしては高めです。

野菜では珍しく、タンパク質が多いのも特徴です。

また、ニンニクの成分の中に「アリイン」「アリシン」「スコルジニン」というものがあります。

◆「アリシン」⇒ にんにく由来の強い抗菌・抗カビ作用をもつ化合物です。

にんにくを煮たり炒めたりしたときの臭いの元となる化合物でもあります。

嗅いだだけでもじわじわと体温が上昇し、食べた直後から血流や代謝がアップします。

また血液がサラサラになり血糖値や血圧改善が期待できます。

さらに風邪の原因になる連鎖球菌やブドウ球菌を殺す強力な抗菌作用を持っており、酸化防止作用によるがんの予防、体の免疫力を高める効果もあるといわれています。

 

◆「アリイン」⇒ ニンニクを擦り下ろしたり切ったりして傷つけることで、酵素と反応し、「アリシン」に変化します。

 

◆「スコルジニン」⇒ 「アリシン」を加熱することで生まれる成分で、新陳代謝を活発にする役割を持っており体内の栄養素の燃焼を活性化させ、エネルギー生産の効率を高める働きがあります。体を温める効果、疲労効果が期待できます。

メモ

ニンニクの原産地は、中央アジアのキルギス地方と言われており日本には中国を経由して奈良時代頃にはもう伝わっていたとされています。古くは紀元前3000年以上も前に古代エジプトからギリシャなどではすでに薬用(強壮用)として栽培されていたようです。

 

ニンニクにはどんな効果が期待できる?

ニンニクを食べ始めると、まず中枢神経の鎮静と安定に訴えながら、脂質代謝にも働きかけて血管を拡張し、血液循環を活発にします。

血管内の疲労因子は徐々に取り除かれ、ストレスの随伴症状である神経性の便秘・下痢・肩こり・胃痛などが解消されます。

風邪症状の緩和と予防

風邪症状を和らげ予防が期待できる
ニンニクは体を温める作用があります。その有効成分であるアリシン・スコルジニンなどには血液循環を良くして、体を温める働きがあります。
アリシンの殺菌・抗菌作用は非常に強力で12万倍に薄めた液でもコレラ菌やチフス菌、赤痢菌などに対する抗菌力があるとの研究報告もあります。
体を温め、強い殺菌作用によって自然治癒力が高まり風邪予防にも期待が出来ます。

血流改善

血液の流れを良くする。
ニンニクの有効成分である硫黄化合物には血液の流れを良くする効果があります。
血液をさらさらにするとともに動脈を広げることで血流が良くなり、さらには血小板の粘着力を弱めることが血液の流動性を高め血管の中を血液が通りやすくし、血圧を下げることができます。

 

また、血中コレステロール値を下げる効果も期待ができ、血液を健康にすることで様々な生活習慣病予防に効果的と言われています。

抹消の血管を拡張させる事で体の隅々まで血液が行き渡り、手足など末端の冷えを改善し冷えからくる頭痛や肩こりを改善する効果も期待出来ます。

 

糖代謝を促進

体内の糖代謝を促進させる。
ニンニクの主要成分であるアリシンがビタミンB1と結合することにより、多機能なアリチアミン(活性持続性ビタミン)に変質して、安定的な糖代謝を行います。

ナトリウム対策

ナトリウムによる血圧上昇を抑える。

ニンニクには、カリウムが非常に多く含まれています。カリウムはミネラルの一種で血液中のナトリウムを取り除き、血圧を正常に保つ働きがあり、高血圧を改善します。

 

ストレス対策

中枢神経の不安定状態を整える。

アリチアミンは、脳・中枢神経の異常興奮を抑えて抑制し、鎮静・安定化するとともに、整腸・保温効果を上げて、下痢・不眠を解消します。

疲労回復

疲労を回復させる。
私たちの疲労の1つはビタミンB群の不足が原因。B群が不足すると、エネルギー源になる糖質が充分に燃えないので体がだるいなどの症状が出てきます。
ニンニクの成分であるアリインとビタミンB1が結合した物質のアリチアミンは、脂溶性のため長い間体内にビタミンB1をとどめる事ができます。
そのため細胞内でエネルギーを効果的に発生させることが出来ます。よってニンニクは疲労回復に役立つのです。

食欲促進

食欲を促進されせる効果がある。

ニンニクのアリシンが胃の粘膜を刺激し、胃液の分泌を促すので消化を促進します。肉を食べる時に一緒に用いると、タンパク質を凝固させ、胃への刺激を和らげます。
腸や肝臓にもよいです。しかし、多量に食べると刺激が強すぎて胃腸をこわすことがあるので注意が必要です。

美容効果

美肌作用があります。
ニンニクには細胞活性作用があって、全身の細胞をイキイキとさせ、皮膚の老化を防ぎます。
また血管を拡張して血行を良くし、皮膚の新陳代謝を活発にして美肌を保ちます。

整腸作用

腸の蠕動運動を活発化させる。

ニンニクを食べるとアノイリナーゼ菌の増殖を抑えるとともに、アリチアミンが腸壁を刺激して末梢血管を拡張して腸の蠕動運動を活発にします。

一般的に慢性便秘や下痢の場合は腸内のビタミンB1を分解するアノイリナーゼ菌が増殖して、正常を保つバランスが不均衡となり、これが便秘や下痢の原因になっています。

 

滋養強壮効果

滋養強壮に役立つ。

アリチアミンは神経組織を刺激し、化学伝達物質アセチルコリンの分泌を盛んに促して運動筋肉に興奮を伝える働きをすることから、ひいては強壮効果に役立ちます。
また性腺ホルモンや成長ホルモンの産生を活性化し、生殖から体全体に関わる内分泌腺の分泌促進に作用することが分かってきました。
ニンニクの効果って凄いですよね!元気を出したい時にニンニクを摂取したい!と思うのはこの効果のせいなんですね!

 

ニンニクはどうやって摂ればいいの?

ニンニクを効率良く摂るにはどうしたらいいのか見ていきましょう!

ニンニクを含む食材を食べる

ニンニクの成分の1つであるアリシンは2時間をピークに分解されてしまいます。このアリシンの効果を簡単に効率良くとる方法としておすすめなのが「ニンニク油」(ニンニクを油やオリーブ油で漬けたもの)です。

アリシンは加熱に弱い物質ですが、油と一緒に調理すると分解されにくくなります。また、アリシンを油に入れることでより安定し、体に吸収されやすい成分「アホエン」に変化させることができるのです。

*「アホエン」は、発がん物質による皮膚がんの発生を抑制・肝臓の解毒作用を助ける働きがあるなどが動物実験により確認されていて今後、病気の予防や治療に役立てられることが期待されている成分です。

サプリメントで補給

ニンニクを調理して食べる事は手間もかかるし保存が難しいという方には、ニンニク成分の入ったサプリメントがおすすめです。

手軽にニンニクを摂取出来ますよ☆

 

ニンニクの摂取量は?

ニンニクの1日の摂取量はどれくらいなのか見ていきましょう!

ニンニクの摂取量

適量は個人差がありますが、加熱した場合の目安は1日4片、20g程度。小さい子供や初めてニンニクを食べる方は2片程度に抑えておきましょう。

ニンニク(アリシン)は生で食べると刺激が強いので1日2片以内に留めましょう。

過剰摂取の基準は10片以上、50g以上です。美味しいからと食べすぎてしまわないよう注意が必要です!

ニンニクと相性のいい成分

ニンニクの成分アリシンはビタミンB1の吸収を高める役割を持っているので、豚肉などビタミンB1を多く含む食材と一緒に食べるとより疲労回復効果やストレスの解消に役立ちます。

 

ニンニクを摂取する際の注意点とは?

ニンニクを摂取する際どんな事に注意すればいいのか見ていきましょう!

ニンニクを食す時の注意点

ニンニクは過剰摂取すると体に異常をきたします!

ニンニクに含まれる「アリイン」という成分は、ホイル焼きのように丸ごと調理すると「アリシン」に変化することなく「アリイン」のまま体内に吸収されます。これが大量に体内へ吸収されると、血中の赤血球の大部分を占めるヘモグロビンが減少します。さらに赤血球を破壊するため、血圧低下、貧血、めまい、嘔吐といった症状を引き起こす原因にもなります。

また殺菌作用の強い「アリシン」は、腸内の悪玉菌だけでなく善玉菌まで殺してしまい、腸内環境を悪化させることで腹痛や下痢、便秘などを引き起こす恐れがあります。刺激の強い成分でもあるので食べすぎると胃の粘膜や胃壁を荒らすこともあるのです。その結果、腸からの栄養素の吸収が妨げられ、ビタミン不足をはじめ、口や皮膚の炎症を引き起こすこともあります。

特に空腹時に食べると胃にとても負担がかかりますので、何か入れてから食べるようにしましょう!

サプリメントの用法を守る

上記にあるようにニンニクの過剰摂取は体に異常をきたすので、サプリメントでニンニク成分を摂取する上でも用量・用法を守りましょう!

アレルギー体質の方は過剰摂取しない

ニンニクにアレルギーをおこす方もいるので、アレルギー体質の方は様子を見て摂取してください。過剰摂取は絶対にしないようにしましょう!

注意

  • ニンニクを摂取すると出血しやすくなる可能性があります。ワルファリン(クマディン)などの抗凝固薬(血液をさらさらにする薬)を服用している人やこれから手術を予定している人はニンニクサプリメントの摂取について、かかりつけの医師にご相談してください。
  • ニンニクは、HIV感染症の治療薬であるサキナビルなどの薬剤の効果を阻害することが知られているので注意が必要です。

 

ニンニクの効果はまとめ

疲れた時や元気を出したい時に食べていたニンニクは、確かに効果抜群な食材であり成分だったんですね!

本能的に不足分を補っていたというわけです☆

男性にとっては、夜の生活で頑張りたい時に摂取するとパフォーマンス力が上がりそうですね!

→ペニス増大サプリランキングはこちらから

あわせて読みたい

アルギニン
アルギニンの効果は?ペニス増大サプリに必須の栄養成分

老若男女に幅広く効果が期待されていて、欠かすことのできない栄養素の1つである『アルギニン』をみなさん知っています? 子供 ...

続きを見る

ペプチアレビュー
ペプチアの効果と口コミは?増大効果と即効性があるか成分と評判を調査

【ペプチアを実際に買って飲んだレビュー記事です】 ペプチアっていう精力剤が最近人気みたいだから買ってみようかな。。。 ペ ...

続きを見る

ペニブーストレビュー
ペニブーストプレミアムの口コミと効果は?公式のリキッドも増大する?

【ペニブーストプレミアムを買って飲んだ体験談記事です】 ペニブーストプレミアムが人気みたいだから買ってみようかな... ...

続きを見る

バリテリン221 3箱目
バリテイン221の口コミと効果は?増大サプリを3ヶ月の飲んで検証!

【この記事ではバリテリン221を僕が実際に3ヶ月飲んで検証した結果を記載しています】 最近ちょっと、元気がないんだよね. ...

続きを見る

-成分

© 2021 メンズ性活blog